• 期間工の求人と契約期間について

    期間工の求人の契約期間は最長で2年11か月とされている場合が多く見られます。



    その理由は労働基準法14条にあります。
    労働基準法14条では契約期間を定める場合には基本的に3年を超えてはならないとされており、期間工の求人を募集する各企業では2年11か月とするのが通常です。
    最長となる2年11か月が満了した場合でも、退職日から半年が経過すればまた同じ企業に就職できます。



    期間工の求人に応募して1年以上勤務すれば失業保険を受給可能となります。
    2年11か月の期間が満了しても失業保険を受給でき半年経過すれば同じ企業に再就職することもできますが、他の企業であればすぐに就職可能です。



    期間工の求人の大きな魅力は基本的な給料の高さにあります。一方期間満了時にも慰労金が支給されます。慰労金の額は勤務期間に応じて変化しますが、総額で300万円を超える場合も存在します。工場には売店や食堂などがあるのが一般的ですが、食事補助が支給される場合もありお金を使う必要があまりありません。
    また寮費や水道光熱費は無料とされるのが通常です。

    期間満了時の慰労金を含めて相当な額の資金を貯めることができることから、契約期間の満了後に起業を考える場合にも最適な環境です。

    さらに多くの企業では正社員登用制度を採用しています。

    期間工の求人に応募するには学歴や資格は不要とされます。

    誰でも多額の資金を稼ぐことができ、正社員に登用されることもあるため人気があります。